トップイメージ
一般的に任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは違い、自賠責保険の範囲内でカバーできない補償を受ける必須ともいえるより充実した保険です。これは任意の保険に関しては自賠責保険の上級保険という意味合いで役に立つものですので自賠責保険の限度額を超えた場合に役立ちます。さらに自賠責保険だけでは物に対する損害については補償が受けられないので、そこのところをカバーする場合は任意保険にも入る必要があります。既に任意保険を支払っているマイカーを買い取ってもらう際は、国産メーカーの自動車あるいは輸入車ということは関係なく、残っている分が戻ってきます。国産自動車の売却の際も同様です。自動車損害賠償責任保険は基本的には放っておくのが通例になっていますが任意保険というものは誰もが入るものではありませんから解約をすることになります。また任意保険を契約解除した後は現段階で 納めている返戻金が返還されるのです。車取引が決まったからといって即保険を中途解約するという選択肢はリスクがあります。当然すぐさま解約するとそれだけ返還される金額は増えますが、もしも車買取店が離れた場所にあって自ら持っていくということになったケースでは、任意保険に加入していない状態で車の運転をするはめになります。緊急事態に備えて、万が一にも今後運転をすることはないという状況にするまでは任意保険の中途解約手続きはすることがないようにしなければなりません。クルマを引き取ってもらって、他の自動車に乗り換えるケースだったら問題ないのですが乗らない状態が続いて任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない時間が存在する場合以前続いていた等級が下がるため、保険料の額が増えてしまいます。こういったケースであれば「中断証明書」という書類を発行してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」を使えば最長10年は中断前の保険の等級を引き継いで加入することができます。それから13ヶ月以内は発行依頼をすることができますのでもしもう自動車を売却済みで、「中断証明書」を提示してもらっていない状況であれば、その代理店にそのことを伝えるようにしましょう。もし新しく自動車を購入することになって、買った後に前に乗っていた愛車を査定してもらう場合は任意保険はどちらか一方のみの契約になります。任意保険の切り替えという対応になるため、運転をする予定の愛車ならば売却までには注意しましょう。そして任意保険というのは自動車車両によって額が少し変わるので、クルマ引き取り時は任意保険をチェックしてみる好機でもあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.eattippystaco.com All Rights Reserved.