トップイメージ
外国為替証拠金取引の面白みは単品の投資の商品であるが投資期間を「短期」「中期」「長期」の3つの期間からいずれを選ぶのかということによって、投入の方法がまるっきり変わってくることにあります。まず外国の貨幣へ投資の「長期の投資」を考えよう。長期のスタンスは、一年以上の投資を基準としています。一般的に為替レートにおいては、一年も経った後の為替相場は円高であるか、それとも円安かどうかを連想するなんていうことは苦難なはずです。普通は「そんなに後々の情勢は予想できない」と考えるのが本当のところでしょう。考えられないことを頭を使って予想しようとしたところで、そんなことは無理なものなのです。そのため他国の貨幣を買ったら、買ったタイミングのレートよりも円高になったとしても、それは待っていれば返ってくるだろうという軽い思いでやり取りに取り組むことが必要です。為替差益を無理に求めるのではなく、他からの差益要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということをまず最初の望みと決めて投資しましょう。無論、短期で為替差損に損失がたくさんなってしまうことがあります。そんな訳でそのような損があってもさほど影響を受けないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限でトレードするのはポイントです。外国為替証拠金取引は、損失が一定範囲以上に広がってしまうと追加保証金(追い証)を出さなければならなくなったり、それとも損切りを置く必要があります。ロスカットになってしまったらさっさと売買を決済する必要があり長期取引をできなくなります。この種のリスクを抑えるためには、レバレッジ2?3倍に設定してトレードするのが安心かと思います。第二に中期投資を狙ったやり取りです。中期投資のケースでは、最大で2ヶ月ばかり後を考慮しての売り買いとなります。為替トレードの時、だいたい1ヶ月ほど先のことであればある程度予測できると思われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの各国の集まりとか市場参加者が何をことに関心があるかを見てみれば、割りと、見当がつくはずです。このような経済の状態を見ながらなおチャートをチェックすることで為替のレートの状態を把握し、取引を決定するといいと思います。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどっちも良い方向でありもしくはどちらも買い傾向が一致した時はほとんどのケースではジャッジした通りに動くと思って良いのです。その時はポジションを増やしておく事で一層大きな利益を得られるのはほぼ間違いないでしょう。最後は短期のトレードの重要点です。ここでの短期のスタンスが指しているのはつまりはデイトレードのことを指しています。為替市場でデイトレを行う際は経済の状態はまるっきり絡んでいないと断言していいです。というのは明日の為替レートの変動に経済情勢は関連がないからです。この時のコツは大きいイベントがあることで、そのおかげで為替の相場が大幅に動く一瞬を狙って行動しましょう。例を挙げると米国にて雇用の情勢が公示される、もしくは金融政策決定会合等によって制作金利が変わるというようなこと。このように絶好の機会に変化を捉えるとの理由で、短期トレードは高度なデータが欲しいところである。

リンク

Copyright © 1998 www.eattippystaco.com All Rights Reserved.