トップイメージ
「スプレッド」とは外為取引は通貨を取引して利益を上げる取引です。売り買いの値段は二十四時間動いています。これが為替レートです。テレビのニュースをみていると、通貨の為替レートの話題が流れるケースがあります。例としてあげると、「ドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを提示しています。要するに、トレードには買値と売値の2つの値段が存在する事を示しています。売値のことをBID、買値のことをASKと提示している取引会社もあったりします。通常は買値よりも売値が安い価格に設定されるものです。自分が買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。その差をスプレッドといい、会社の収益となっています。スプレッドの狭さはFX取引会社によって異なります。スプレッドの差は利用者にとって費用になるので狭い取引業者をセレクトするほうが有利です。ただし、同じ会社でも場合によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。仮に日常的には円とドルのペアでわずか1銭のスプレッドの広さであっても、レートの上下動がかなり大きい状態では広くなります。そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同様に、変化しないということが必要です。固定でスプレッドの狭さを見せる取引会社もたくさんあったりします。実際にFX会社の取引画面で本当の為替相場を確かめなければ判別できないので億劫ですが、とても大事な事です。多くのお金を投資してエントリーするのだから本物の売り買いの前に関心がある会社の取引するための口座開設を積極的にして示されているスプレッドの差を実感しましょう。同じ通貨の組合せその場面でのマーケットの変動率(ボラティリティ)によって、通貨ペアのスプレッドの幅は異なる場合があります。普通は、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く、それ以外の外貨ではスプレッドの差が大きくなる傾向にあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.eattippystaco.com All Rights Reserved.