トップイメージ
自動車を走らせている時、「自動車を持ったままで直ぐ融資可」といった立て看板や張り紙があちこちで見ることが多いでしょう。こういった広告は、車を担保としてお金を融資する広告であることが多いようです。車担保融資と言われている言葉は、耳にしたことがあっても、実は、どういった融資のスタイルなのかあまり分かっていない人も多いと思います。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないローン方法ともいえるはずです。車担保融資では、自動車を返済に行き詰った際の保険にすることで、自動車の現時点の査定額を出し、その額の査定枠中でキャッシングを基本行うようです。一般の中古車販売での査定と同様に、キズがある車や改造車であると、査定額が低くなってしまうことがありますので車を担保としてお金を融資を受ける際には知っておくといいと言えます。車担保融資は、「車」という実質資産を担保にする方法ですので、銀行などで融資ができない人でも直ぐに査定額内でのローンを行えるはずです。さらに、銀行や貸金業者でのキャッシングには様々な手順や面倒な審査などがありますが、自動車という実質資産を利用して行うローンですから、そういうものが不要こともあるようです。最近では、自動車を返済ができなくなった際の保障にしてローンを受けても、その車を今まで通り運転することが出来る車の担保融資も増えてきているようです。しかし、この方法のデメリットとしては、クルマの査定額にローンキャッシングの限度額次第ですので、持っている自動車によって、本人が志願する額の融資を受けられないということも多いと耳にします。自動車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万一返済が遅れてしまったケースは、直ぐに車を売らなければならないというのも、弱点といえるかもしれません。車が暮らしの必要アイテムである地域では、車を返済ができなくなった際の保障とするローンの仕方は、結構リスクが高いといえると思います。

リンク

Copyright © 1998 www.eattippystaco.com All Rights Reserved.