トップイメージ

自己破産手続きをおこなったとしても司法機関から家庭にダイレクトに事実関係の報告などがなされるといった類いのことはありません。クレジットカード比較

従って家族や親類には秘密がばれないように自己破産申請が可能だとも考えられます。

それでも、現実を見ると、自己破産というものを申立てる際に公的機関から同一住居に住む家族の収入を記した書類や銀行の預金通帳の写し等の証明書類の届出を要求されるということがありますし借入先から家族や親類へ書類が送られるような場合もあり得ますので近親者にばれずに破産の手続きが実行できるという100%の保証は得られるものではないといえるでしょう。

親族に隠匿してそれ以後に秘密が明らかになってしまうことと比べれば、真実を打ち明けて全員が一丸となって自己破産の申告をする方が安全と言えるでしょう。

なお異なった場所に住む親族の方が、自己破産手続きを実行したことがばれてしまうようなことは当面のところ悩む必要はないと納得してください。

夫(妻)が負う責任を失くすことを目的として離婚を検討するカップルもいらっしゃるとのことですが実は夫婦とは言えども(連帯)保証人でないならば法律的な拘束はあるとは言えません。

一方で書類上の(連帯)保証人という立場であるならば離婚届の提出を行ったとしても民法上の責務は残存していると判断されるため支払に対する強制力があると考えられるのです。

ゆえに、離縁することをしたからといって債務の法律上の支払い義務が失効するようなことはないのです。

また、たまに貸し主が借りた人の家族に支払いの督促を行うようなこともありますが連帯保証人や保証人ではない場合であれば親と子の間あるいは弟と兄の間というような家族の債務だとしても借り主以外の家庭の人に法律的な法的な支払義務はあり得ないのです。

実際は債権を持つ会社が法的な支払い義務のない親族の方などへ支払いの催促を実行するのは貸金業を規制する法律を実施する上での政府機関の実務規則の中で禁止されており取立ての実行方法によっては貸金業規制法の支払督促の規則に背くこともあります。

という訳ですから法的な支払義務を負っていないにもかかわらず借り手の家族や親族が支払の督促を受けたのであれあば、消費者ローンに対し支払いの催促を停止するよう警告する内容証明郵便を送るのが良いでしょう。

情けをかけて、借金を持つ人その人が不憫だからと考えて借りた本人を除く家族や親族が返済義務を代理となって支払うようなこともありますが、本人がそれに依存して何回も多額の借金を繰り返してしまうことがよくあるのです。

という訳ですから借入者本人の心情を考慮すれば厳しいようですが借り手本人の努力によって貸与されたお金を返済させていくかそれが不可能ならば破産申し込みをさせた方が借り手本人のこれからを全うするためには良いとは言えないでしょうか。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.eattippystaco.com All Rights Reserved.